婚活パーティで相手を探すメリット、デメリットとは?

■婚活パーティとは

結婚活動には、この婚活パーティに参加することが必須です。出会い系サイトなどで探すこともできますが、なにせそういったところは過疎だものですから、なかなか思うようにはいかないのです。

婚活パーティとは、そういった事業を取り扱う会社が主催する未婚者向けのパーティで、食事をし、お酒を飲み、仲良くなった異性と連絡先を交換するというものです。パーティに参加するほどですから、本気で結婚したいと考えている人が多いため、婚活にはもってこい。

ですが同時にデメリットもあるんです。
それでは、婚活パーティで相手を探すメリット、デメリットとは、いったいどんなものなのでしょうか。

■婚活パーティのメリット

婚活パーティで相手を探すことのメリットは、先ほど触れましたが参加者全員の本気度が高いということです。出会い系サイトなどですと、婚活用に提供されている場所であっても、どうしても「なんとなく登録した」という人はいて、そこに行き当たると時間もお金も無駄にしてしまいます。相手は「もしいい人がいたら会ってみよう」くらいの軽い気持ちで利用しているわけですからね。
そうした本気度の低い人のいないことが、婚活パーティのメリットです。

また、パーティにはお酒も出ますし、いろいろと企画が用意されていたりして、気分も開放的になりますから、どんな人もちょっとかっこよく見えたりするもの。連絡先の交換だとか、デートの約束だとか、最初のハードルを乗り越えられる可能性は高いですね。それらが婚活パーティで相手を探すメリットです。

■婚活パーティのデメリット

しかしデメリットもあります。まずひとつ、相手は結婚相手を探しにきているので、あなた自身に求められるものは相当高い。たとえば、ルックスや性格、職種、年収、家柄などなど、単に恋人をつくるのとはわけがちがいます。

また、婚活パーティなどで得た出会いは、どうしても「大切にしなきゃ」と思ってしまいます。それは、もしかしたらあなたには相応しくない相手と結婚してしまうかもしれない、ということです。一度掴んだチャンスは、どうしたって離したくはないものです。けれど、それがまたあなたの視野を狭めることとなってしまうんですね。

それらが婚活パーティで相手を探すデメリットです。
以上を踏まえたうえで、参加するかしないかを決めてくださいね。